妊娠中、授乳中にホワイトニング?

Q.なぜ妊娠中なのにホワイトニングできるんですか?

A.一般的に、ホワイトニングに使われている過酸化水素という薬剤を使用しないからです。
私たちは、薬剤を使わずに行うホワイトニングを「ペルフリーホワイトニング」と呼んでいます。

光のチカラでホワイトニングするので、薬剤は使わない方法も可能なんです。
白くなる程度は薬剤を使う時の60〜70%くらいですが、安全性がさらに高いホワイトニングとなっています。

<豆知識>
ちなみに過酸化水素という薬剤は濃度が高いと、液体の一部が気体になります(揮発性と言います)。それが鼻や口から吸い込まれることで血液中のタンパクと反応し、小さな気泡を作ります。
その気泡が母乳や、胎盤を通った血液からお子さんのカラダの中に入ると、お子さんの細い血管を詰まらせる可能性があります。
脳の血管が詰まれば、脳障害になり得ます。
この可能性を100%否定することができないので、薬剤を用いたホワイトニングは禁忌とされています。


【いつまでも 大好きな人と 大好きな場所で 大好きなものを食べる】生活をお手伝いします✨
💠アイリス歯科クリニック